May 22, 2020 / 12:10 AM / 6 days ago

米メドトロニック、第1四半期売上高の伸び鈍化予想 新型コロナで

[21日 ロイター] - 米医療機器メドトロニックは21日、第1・四半期の売上高の伸びが第4・四半期を下回るとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大で医療機関がひっ迫する中、一部の手術が延期され、手術用医療機器の需要が低迷していることが背景にある。発表を受けて株価は2%下落した。

同社のカレン・パークヒル最高財務責任者(CFO)は「現時点で、第1・四半期の売上高の伸びは、第4・四半期よりも若干悪化すると予想している」と説明した。

一方、一部の国では需要回復の兆しが見られ、2021年度末までに売上高の伸びは通常に戻るとの見通しを示した。

この日発表した第4・四半期決算は、純売上高が前年比26.4%減の60億ドルだった。アナリスト予想の61億7000万ドルを下回った。

心臓用医療機器部門の売上高は前年比34.3%減の20億ドルとなり、落ち込みが目立った。

一時項目を除いた1株当たり利益は0.58ドルで、アナリスト予想の0.68ドルを下回った。

新型コロナを巡る先行き不透明感で通年の見通しは立てられないと説明。ただ、流動性は潤沢だとし、四半期配当を7.4%引き上げ、1株当たり0.58ドルとした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below